Q.粉末(ABC)消火器と水系消火器を併用設置するメリットを教えてください。

A.消火器等の消火実験のデータを検討した結果、初期消火は速効性のある  粉末消火器と射程が長く確実性のある水系統の消火器を併用して使用することがより効果的であることがわかっています。

   その結果をふまえ、消火器等の設置指導について、昭和49年1月21日東京消防庁予防部長依命通達が

   以下の通り出ています。

    1.適用防火対象物は、水系統の消火器が対応する防火対象物又はその部分とすること。

    2.消火器の種別ごとの設置の割合は、水系統が設置総数の二分の一を超えるようにすること。

    3.1個の消火器等の最低能力単位は、A火災に対する能力単位が水系統のものにあっては1単位以上、

      粉末系統のものにあっては2単位以上であること。

    4.消火器等については、消火バケツを含むものであり、防火水槽の設置についても指導すること。

 

  ※なお、設置についての詳細は所轄の消防署でご確認ください。

 

 ページの上部へ